実習風景・実習を終えての感想

2021年度あおば薬局高崎店にて実務実習の様子

2021年度あおば薬局高崎店での実務実習は1名実施しました。

 

Aさん(高崎健康福祉大学 薬学部) 

 

 

@実習中印象に残ったこと 
薬局薬剤師の業務の多さです。実習前は外来の患者様に対して薬を用意するのが主な業務だと思っていました。しかし、支援生活施設の方に対しても同じように薬を用意して届け、残薬の確認なども頻繁に行っていることを知りました。加えて、症状の経過や剤形、併用薬や薬の値段や個人の特徴まで考慮した情報提供も求められると知り、印象に残っています。

 

 

A将来はどんな薬剤師になりたいですか?
普段から積極的に学ぶ薬剤師になりたいです。
すでに持っている知識を忘れないようにするだけでなく、業務中に学んだことや分からなかったことについて自分で深く学んでいけたらと思います。そして、身につけた知識を使って、患者様により具体的に薬の説明をできるようになりたいです。

 

 

Bこれまでの実習を振り返っての感想
鑑査や服薬指導など、貴重な経験ができました。
この実習で得た知識や経験だけでなく、分からないことを積極的に聞くことの大切さや、学んだことの復習の大切さを忘れず、これからに活かしていきたいです。

 

 

 

2021年度あおば薬局太田店にて実務実習の様子

2021年度あおば薬局太田店での実務実習は1名実施しました。

 

Iさん(高崎健康福祉大学 薬学部) 

 

@実習中、印象に残ったこと
在宅の患者さんへのケアプランについて医師や看護師、ケアマネージャーなど在宅医療に関わる医療従事者の方が話し合う会議に参加させていただいたことが印象に残っています。ほかの医療従事者の目線から気づいたことや意見の交換、薬剤師であれば服薬指導時に患者さんから相談を受けたことなどの共有を通して患者さんの利益に繋がるよう改善していくチーム医療の取り組みを経験することができました。

 

A将来はどんな薬剤師になりたいですか
実習での服薬指導を通して患者さんとのコミュニケーションをもっとうまくとれるようになりたいという課題が残りました。
将来は、薬学的な知識による適切な服薬指導と共に患者さんに合わせたお薬の説明や健康や生活についての相談に対してもアドバイスできるようになり、またこの人から薬をもらいたいと思ってもらえるような薬剤師になりたいです。

 

Bこれまでの実習を振り返っての感想
初めて患者さんに薬の説明をしたときはとても緊張しました。
指導薬剤師の先生からアドバイスをいただいて練習していくうちにいつのまにか緊張はなくなり、薬の説明や患者さんから体調の聞き取りなど落ち着いて行えるようになったので、この11週間の薬局実習で一番成長を感じた部分だと思います。
また、在宅訪問や学校薬剤師の学校環境検査など、薬局の外での業務も経験することができ、地域での薬剤師の役割なども理解できました。

 

実習前は長く思えた11週間でしたが終えてみるとあっという間で、患者さんへの薬の説明方法や実際の現場での調剤業務の流れ、薬と病気についての詳細な知識など、たくさんのことを学ばせていただきました。

2021年あおば薬局渋川店にて研修 Iさん

■実習中印象に残ったこと       
服薬指導の経験をたくさんさせて頂いたことです。
高血圧・糖尿病・呼吸疾患・皮膚疾患・精神疾患・漢方薬が処方された患者さんなど様々な疾患の服薬指導を経験できました。
疾患ごとに聞くべき内容は異なります。また、副作用がでてないかについて確認し、患者さんから薬の相談をされることもあります。
その際に、自分が勉強してきた知識を活かせたときはとても嬉しかったです。

 

■将来どんな薬剤師になりたいか       
患者さんにとって、話して安心できる薬剤師になりたいです。患者さんは薬の副作用・飲み方・使い方に不安があると思います。
また、本当に体調が良くなるかについて悩んでいる方もいると思います。そのような患者さんの悩みに適切に対処・アドバイスが出来て、
患者さんに寄り添える薬剤師になりたいです。

 

■実務実習を終えての感想       
服薬指導をたくさんさせてくださるだけでなく、在宅訪問、患者さんのに提供するチラシの作成など様々な経験をさせて頂きました。
様々な経験の中で学んだことはたくさんあります。その中でも「患者さんが理解しやすいように工夫する。」ということがとても重要であると感じます。
そのために、薬や疾患に対して多くの知識が必要であると実感しました。今後も、勉強に励んでいきたいです。
そして、実習で学んだことを薬剤師として働くうえで活かしていきたいです。

2020年度あおば薬局太田店にて実務実習の様子

2020年度あおば薬局太田店での実務実習は2名実施しました。

 

Aさん(高崎健康福祉大学 薬学部) 

 

@実習中、印象に残ったこと
お薬手帳を持ってきてくださる患者様が多いことです。
私自身、病院に受診する機会が少なく、お薬手帳を重要だと感じたことがありませんでした。しかし、薬局実習を経験し、受付対応等をすると、お薬手帳の重要性を感じることができました。

 

A将来はどんな薬剤師になりたいですか
患者様が感じている不安や気になっていることについて、相談をしてもらえるような薬剤師を目指しています。また、処方せんの鑑査についても確実に、スムーズに行えるようになりたいです。

 

Bこれまでの実習を振り返っての感想
実習中は、調剤を多く行いました。実習をする前までの想像とは違い、自分が調剤した薬が患者様に渡るため、責任や正確さが求められることを学びました。服薬指導や在宅訪問などの業務についても、実際に患者様と触れ合うことで、責任の重さや楽しさを知ることができました。

 

 

 

 

Iさん(高崎健康福祉大学 薬学部) 

 

@実習中、印象に残ったこと
薬局内で扱っている医薬品の数が多く、同じ成分でも剤形や規格が異なるものもあるため、調剤の時には注意が必要であると思いました。しかし、ピッキングシステムであるPORIMUSが導入されているので、剤形や規格など、誤ったものを調剤しないように対処されていることがとても印象に残りました。
また、お薬ボードを作成したり、在宅訪問を行い、患者様の血圧や酸素飽和度を測定したり、服薬指導を行ったりと外来だけではなく、在宅医療にも参加することができました。

 

A将来はどんな薬剤師になりたいですか
薬学の知識はもちろん、医学の知識や治療のガイドラインも身につけ、医療に積極的に参加していきたいです。
また、地域の方の健康維持のため、セルフメディケーションのサポートもできるように、健康食品やサプリメントなどの知識も身につけ、地域の方がなんでも相談することができる、そんな薬剤師になりたいです。

 

Bこれまでの実習を振り返っての感想
実習開始時、緊張したり、わからないことが多かったり、服薬指導時に上手く会話することができなかったりと不安になることが多々ありました。しかし、わからないことに対して、薬剤師の方々が優しく教えてくださり、どのように服薬指導をしたら良いか、アドバイスもくださったので、安心して服薬指導を行うことができました。また、投薬後のフォローアップ(調剤後薬剤管理指導)を経験でき、服薬情報提供書も作成することができました。ほかにも、在宅訪問や学校薬剤師、調剤済み麻薬の破棄など、多くのことを経験することができました。薬剤師として働く際、これらの経験を活かしていきたいです。

2020年あおば薬局前橋店にて研修 M・Oさん(高崎健康福祉大学 薬学部) 

■実習中印象に残ったこと
実際の患者さんへの服薬指導の大変さがとても印象に残っています。
再額で学習した通りにはなかなか出来ず、緊張と経験の少なさからどのように対応すべきか分からず戸惑うばかりでした。患者さんの抱えている疾患は様々なので、毎回同じことを繰り返し行えず、患者さんごとにするべき服薬指導内容を考えることはとても大変でしたが、良い経験をすることができました。

 

■将来どんな薬剤師になりたいか
実習させていただいて、患者さんに必要とされる薬剤師になりたいと思いました。
薬の知識だけでなく、食生活などの日常生活における患者さんの疑問等についても対応出来たらいいなと思います。そのためにも、コミュニケーション能力や様々な知識が必要となるので、日々勉強していきたいと思います。

 

■実務実習を終えての感想
毎日、学習することばかりでとても充実した薬局実習となりました。
服薬指導を実際の患者さん相手に初めてさせて頂いた頃は自分の知識の無さや緊張で上手に会話ができなくて落ち込むこともありました。日を重ねるごとに、分からなかったことが分かるようになり、薬剤師さんのご指導の下、少しずつですが緊張せず多くの疾患について服薬指導をすることができました。この経験を今後に活かしていけたらと思います。

 

2020年あおば薬局高崎店にて研修 Iさん(高崎健康福祉大学 薬学部) 

2020年度あおば薬局高崎店では薬学生実務実習を行いました。

 

 

実務実習を終えての感想

T大学 Iさん

 

@実習中印象に残ったこと
 患者様に服薬指導をしたことが印象に残っています。お薬の説明をするだけではなく、
 患者様から普段の生活について話を聞くことも大事であると気づくことができました。

 

A将来どんな薬剤師になりたいか
 患者様に信頼していただける薬剤師になりたいです。

 

B実務実習を終えての感想
 薬剤師の様々な業務を体験させていただき、学びの多い日々でした。
 お忙しい中、薬局のみなさまには大変お世話になりました。
 実務実習での経験を忘れず、今後の学びに活かしていきたいです。

2019年あおば薬局渋川店にて研修 Tさん(高崎健康福祉大学 薬学部) 

■あおば薬局渋川店での実習はいかがでしたか?
あおば薬局での実習は新しい事の連続で、毎日が充実していました。
豊富なカリキュラムと多くの薬に囲まれた環境は、知的好奇心を高められ、勉強する事の楽しさを感じることができました。
また、薬剤師業務は想像以上に幅広く、やりがいと同時に、命を扱う責任の重さを感じました。
この度の実習で学んだことを、今後の学生生活や将来薬剤師として働く際に活かしていこうと思います。

 

■将来どんな人になりたいですか?
薬の専門家として豊かな人間性、人の命と健康な生活を守る使命感、責任感、倫理観を持った薬剤師になりたいです。

 

■楽しかった事や、つらかった事はありますか?
最初は解らないことが多くて大変でしたが、少しずつ知識が増えてくると、業務や処方の意図が見えてきて楽しくなりました。 
        
椎間板ヘルニアの保存療法を行ている患者様    「夏休み子供薬剤師体験会」へ講師として
の服薬指導を経て実習報告をして頂きました。   参加して頂き、優しい指導で大好評でした。

2019年あおば薬局前橋店にて研修 Yさん(高崎健康福祉大学 薬学部) 

■実習中印象に残ったこと       
薬局内の薬の種類の多さです。近くに病院があり、急性期や慢性期など様々な疾患を抱えている患者さんがいらっしゃるので、内服薬から外用薬、注射薬など様々な薬に触れる機会がありました。そのため、調剤をしているときに分からない薬があれば調べたり、服薬指導でも多くの疾患を体験することで知識を増やし、患者さんに合った服薬指導について学ぶことができました。

 

■将来どんな薬剤師になりたいか       
ただ薬や副作用について説明するのではなく、治療の経過を続けていく上で不安なことや心配なこと、また普段の生活についても相談にのり、患者さんの生活を多方面からサポートできるような薬剤師になりたいと思います。

 

■実務実習を終えての感想       
毎日が充実していてあっと言う間の11週間でした。実習中はたくさんの方にフォローして頂き、また多くのことを学ばせて頂きました。実際の服薬指導となると最初は緊張して上手く話すことが出来ず、これでいいのかと悩むこともありましたが、隣でアドバイスをくださり、経験を重ねることで少し自信をもつことができました。実習で得た知識と経験は国家試験だけでなく将来薬剤師として働く上でも役立てたいと思います。

2017年あおば薬局渋川店にて研修 Yさん(日本薬科大学 薬学部)

■実習中印象に残ったこと       
特に印象深かった点として医療安全への取り組みが挙げられます。あおば薬局渋川店では調剤サポートシステムPORIMUSが導入されており、薬品違いや規格違いのミスが効果的に防止されていました。ミスを防止するシステムのメリットを感じると同時に、機械に頼りきるのではなく、調剤時のチェック手順を守る事で正確な調剤業務に取り組みました。

 

■将来どんな薬剤師になりたいか       
信頼される薬剤師になる為に「コミュニケーション能力」「知識量」「経験」の面でスキルを伸ばしていきたいと考えています。コミュニケーションでは、例えば体の不自由な方へは窓口の外まで行って処方箋を受け取るといった様に、相手の状況に合わせた対応を行なえる様な薬剤師になりたいですし、投薬の際には話しやすい雰囲気で相手の気持ちに寄り添った対応ができる様になりたいと考えています。

 

■実務実習を終えての感想       
たくさんの事を学ぶ事ができました。その中でも苦労した事として、投薬での質問の投げかけ方について「オープンクエスチョン(相手が自由に応えられる質問)」とクローズクエスチョン(相手に選択肢を提示し、答えを選択してもらう質問)」の使い分けがあります。ついクローズクエスチョンでの問いかけが多くなってしまったり、オープンクエスチョンに対する返答があっても、次の対応がすぐに思いつかず、指導を受けている薬剤師さんにサポートをしてもらう事もありました。知識と経験を積み重ね、より良い対応が行なえる様、自己研鑽していきたいと考えます。

 

 

トップへ戻る